読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の名残

夏の間、シャワーのように降り注いでいた蝉たちの声もすっかり密やかに
 
なり、わずかにつくつくぼうしの声が残るのみとなりました。日差しが和らぎ
 
涼風が吹いています。もうすっかり秋ですね。言葉の森に籠って過ごした
 
私の暑い夏は終わりです。
 
さあ、セイラ再始動の時。

夕方のコーヒーブレイクに短歌らしきものが二つばかり浮かびましたので、
 
まずそれを載せてみます。
 
  涼風に 何を恋ふるや つくつくぼうし 珈琲の香の 燻る夕暮れ
 
  故知らず つくつくぼうしの声聞けば コーヒーの香の 沁みる夕暮れ
 
自分で創ってみて思うのは、俳句形式が点景になりやすいのに比べ、僅
 
か14文字多くなるだけですが、短歌形式は叙情になりやすいなあという
 
ことです。表現の形式と表現されるものとの関係は、密接不可分だという
 
ことですね。