読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋深し・・・魂の通う人のいる幸せ

私のブログの友人にセネカさんという方がみえます。先日、セネカさんのところでこんな句を見つけました。

    顔のない男独りの秋の暮 (セネカさん)

そうなのですね。と感じるところあり、

    顔のない女は風に舞う木の葉 (セイラ)

と、そっと寄り添ってみました。すると、良寛さんの句を引いて

    うらを見せおもてを見せて散るもみじ

と返してくださいました。やはりセネカさんは素敵な方です。


そういえば、セイラのコレクションb00kにこんな短歌もとってありました。
新聞の朝日歌壇に載っていた小平市の宮下さんという方の歌です。

    珈琲屋の珈琲煎る歌冴えしままたそがれ苦く秋の風吹く

お顔も知らず、お話したこともない方ですが、この歌を詠われた瞬間に私はお仲間を感じました。

人はみな孤独な魂の旅人。
それでも時に、その魂の触れ合える人がいる。その魂の触れ合える瞬間がある。  
これを幸せと呼ばずしてなんと言うでしょう。

幸せな秋がしんしんと深まってゆきます。

               ( 言の葉に心ぬくもる秋の暮  セイラ )