日記

やっと会えた!「青い鳥のロンド」レヴュー」

6月に出版した「青い鳥のロンド」、もう一般書店にはなくネット書店だけで販売されていますが、久しぶりにレヴューをいただきました。 どなたからいただいたレヴューもとても嬉しかったのですが、今回はまた特別に嬉しかったです。 なぜなら、この小説はこう…

次々と来る「青い鳥のロンド」レヴュー

次作の執筆に取りかかっている緋野ですが、9月に入ってからパタパタとレヴューが届きます。出版からすでに3か月、どうして今? と思いましたら、どうやら書店で注文してくださった方たちのようです。出版のご案内を送ったのが確か7月の中旬だったと思いま…

変化

きょうは暖かい日でした。というより、暑かった。いつもと同じだけ着ていたら、暑くなって脱いでしまいました。 季節が急に進んだように見える日、他の人はどう感じるのでしょうか。 私は、なんだか焦りに似た感覚に見舞 われます。 まだまだ元のところに留…

春よ来い

明けましておめでとうございます。 年末年始の喧騒が終わって、主婦のセイラにとっては、今がようやく正月休みと いったところです。まっさらなカレンダーを前に、ゆっくりと今年の計画を書き 込む楽しさ。いつも計画どおりにはいかないのですけれどね。 今…

恵み

クリスマスが近づいています。 街がイルミネーションで飾られて、人々がなんとなくソワソワし始めたように見えるこの時期になると、子ども の頃を思い出します。一年で一番好きな行事がクリスマスでした。 私の家の周りにはイルミネーションなどなく、もらえ…

秋から冬へ・・・スケッチ5首

キッチンの窓の外に紗羅の木があります。私の大好きな木です。この地に住み始めた時に苗を植え、それからずっと、辛い時も楽しい時も一緒に過ごしてきました。毎朝かならず眺める木です。この木が一番始めに季節の移り変わりを教えてくれます。もうずいぶん…

あり得ない。信じられない。

トランプ氏がクリントン氏を破って、大統領選に勝利しました。 まさかと思っていました。あってはならないことが起こりました。 民衆というものの、愚かさと恐ろしさを、まざまざと見せつけられたような思いです。 世界はどう動いていくのでしょうか。ますま…

秋の陽の中で

陽だまりに 小さき羽虫 来てあそぶ 久しぶりに秋らしい天気になりました。綺麗な陽がベランダから差し込んでい ます。 向かいの家の外壁を覆っていた蔦の葉が枯れて窓が姿を現し、風が吹 くとカサカサと音をたてて揺れて、清涼な空気の中に、なにかもの悲し…

父を悼む

父はまだもの心もつかないうちに両親と死に別れ、親の顔を知らないまま、新潟の伯父の家で育てられました。少年期を戦争の中で過ごし、戦死する以外の道は考えられず、将来への夢を抱くこともありませんでしたが、出征送別会の翌日に、思いがけず終戦を迎え…